ライター×サービス・ツール

【画像】「Zoomの顔が暗い…」解消策「リングライト」の効果

「Zoomを使ってるときに顔が暗く映っていて気になる」「サービス内の設定を変えてもいまいち。顔映りを良くしたいのだけれど、どうすればいいんだろう?」

こんなことが気になっている人は、「リングライト」を使うことで問題が解決するかもしれません。

今回の記事では、ウェブ会議システム「Zoom(ズーム)」で日常的に打ち合わせをしたり、取材をしたりしているフリーライターのショウブ(@freemediwriter)が、リングライトで光を当てた場合の顔映りの変化を画像付きで紹介します。

けっこう見栄えが変わるので、わたしは買って良かったですね。

その一方で、購入・使用する際に気を付けた方が良いと思ったこともあります。参考にしてみてください。

Zoomで顔映りが暗いときの対策

  • パソコンのディスプレイの角度を変える
  • パソコンの位置を変える
  • 部屋の照明を明るくする
  • 日中であればカーテンを開けて光を入れる

上のことをやっても顔映りが良くならないときは、Zoomのサービス内で設定を変えると改善するかもしれません。

Zoom設定変更で顔映りを良くする方法

  1. 右上の設定アイコンをタップ
  2. 「ビデオ」→「マイビデオ」
  3. 「外見を補正する」にチェックして調整
  4. 「低照度に対して調整」にチェック、自動か手動で調整

わたしの場合、上の調整でいくぶんか顔映りが明るくなりました。

知らなかった人は試してみてはいかがでしょうか。

リングライトとは

室内環境やZoom設定を変えても顔映りがさほど明るくならなかった

そんな人は、リングライトの購入・使用も一つの手です。

「リングライト」とは文字通り、「光源をリング状に並べた照明器具」(デジタル大辞泉)を指します。

これをパソコンやスマートフォンに設置したり、パソコンのそばに置いたりすることで顔に光を当てることができ、顔映りを明るくすることができます。

新型コロナウイルス感染症の流行によって在宅ワークが普及し、多くの人にとってウェブ会議をする機会が増えたことが影響しているのでしょう。

アマゾンなどのオンラインショッピングサイトで「リングライト」と検索するとずらりと商品が並びます。

ライター庄部が使うリングライト

リングライトのレビューに移りましょう。

わたしが2021年7月に買ったのがこちらの商品。

特にこだわりはありませんでしたが、以下の点から購入を決めました。

  • 値段が約2千円と安価
  • さほど大きくない
  • 3色展開で、明るさが10段階調整可
  • USBで給電できる

リングライトの外観

写真で紹介していきますね。

リングライトレビューリングライトの表側
リングライトレビューリングライトの裏側
リングライトレビューリングライトの側面

リングライトレビューこのクリップを広げ、下の写真のようにパソコンのディスプレイに挟みます。

リングライトレビュー

リングライトレビュー写真下に映っているノブを回すとライトの角度を調整できます。

リングライトレビュー

商品にはリモコンが付いており、これでオンオフや色・明るさが調整できます。

リングライトレビュー リングライトレビュー リングライトレビュー

ノートパソコンに設置したとき。ライトの直径(外径)は16.1㎝で、重さは約280gです。

「ずっしり」とまではいきませんが、重量感はあります。インターネットで調べたところ、りんご1個分の重さくらい。

リングライトの色合い

続いて、リングライトの色合いを。

こちらの商品は「白色」「中間色」「電球色」の3つに変更できます

白色

リングライトレビュー リングライトレビュー

中間色

リングライトレビュー リングライトレビュー

電球色

リングライトレビュー リングライトレビュー

写真だと白色と中間色の違いがわかりづらいのですが、生で見ると3色はっきりと違うことがわかります。

リングライト使用前後の顔映り

リングライトを使う前と使った後のZoomの顔映りを見ていきましょう。

リングライト使用前のZoom画面

リングライトレビュー リングライトレビュー

天井の照明の光をほぼ真上から受けているため、顔に影ができ、暗く映っています。

スマートフォンで撮ったこの画像は撮影時に光が補われているためか少し明るくなっており、肉眼ではもっと暗く見えました。

リングライト使用後のZoom画面

リングライトレビュー リングライトレビュー リングライトレビュー

上から順に、白色、中間色、電球色のモードを使ったときの見え方です。

ちゃんと明るくなってますね。

電球色と中間色は赤っぽく映るため、わたしの室内環境では白色が最も合います

なお、これらの写真は明るさ10段階のうち3段階のもので、わたしの印象ではこの程度の明るさがもっともしっくりきました。

リングライト使用前と白色モード使用後の写真を並べて比べてみましょう。

リングライトレビュー

やっぱり使ったときの方が良いですね。顔映りが自然になりました。

リングライト購入・使用の注意点

わたしなりにリングライトを購入・使用するときに注意した方が良さそうだと思ったことも書きます。

ライトを立てて設置するとまぶしい

ライトを立てて設置した方が顔映りは明るくなりやすいのですが、目の前から光が当たるのでまぶしかったです。

時間が経つにつれて慣れてくるのかもしれませんが、「この状況で1時間、2時間いつづけるのはちょっと抵抗がありそう」と感じたわたしはライトを下に傾けて使うようにしています。

リングライトレビュー

こんな感じですね。

ライトを傾けることでまぶしくならず、わたしの場合は1時間を超える打ち合わせや取材でも大丈夫です。

なお、傾けることで顔に当たる光の量は減りますが、顔映りは適度に明るくなるので問題ありません。

リングライトレビュー リングライトレビュー リングライトレビュー

ライトを傾けたときの白色モードで、上から順に明るさが「最低」「3段階」「最高」の写真です。

写真だとわかりづらいですが、生で見ると違いがはっきりわかります。

リングライトレビュー

なお、これがライトを立てた場合の明るさ最高モード。明るさは増しますが、「少し明るすぎる」印象でした。

パソコンが軽い場合、立てると倒れる

ライトを立てるとまぶしいだけでなく、パソコンによってはバランスが取れずに倒れてしまいます。

たとえばわたしが使っているdynabook(ダイナブック)の軽量パソコン(P1G6JPBL、779g)の場合。

リングライトレビュー

支えている手を離すと…

リングライトレビュー リングライトレビュー

後ろに重心がいきすぎて倒れます。

PCとライトの大きさ・重さを考えて

これらのことから、リングライトを買う際はパソコンとの大きさ・重さのバランスを考えると良さそうですね。

大型のデスクトップパソコンだと問題ないのでしょうが、わたしが持っているもののように軽くて薄いノートパソコンの場合、リングライトの大きさ・重さによっては立てて設置した場合に倒れてしまうので。

パソコンのすぐ後ろに壁がある環境ではライトを立てても壁が支えになってくれる=下写真参照=ので問題ありませんが、そうでないときは留意した方が良いでしょう。

リングライトレビュー

まとめ

リングライト、割と使えます。

値段もそう高くはないので、室内環境やZoomの設定を調整しても顔映りが暗くて気になる人は試してみてもいいかもしれませんね。

打ち合わせや取材時に「相手から自分がどう見えるか」「顔映りが悪いことで相手の印象を損ねないか」はわたしには大切なことなので、役立ってます。

フリーライターの庄部(@freemediwriter)がレポートしました。

関連記事

【ライター談】「オンライン取材は記者業の革命」メリットと注意点オンライン取材が一般化したことは画期的――。元新聞記者のフリーライターがオンライン取材の可能性やメリット、留意点について持論を語ります。...

ライターのスキルアップ術

「食えないフリーライター」を回避! 未経験からのステップアップ法どうすれば「食えるフリーライター」になれるのか。その可能性を高めるステップアップ方法を現役フリーライターが解説。...
医療ライターが講演で話したネタ探し法、取材のコツ、記事の書き方独自性や確実性の高いネタを取るにはどうすればいいか。魅力的な情報を引き出すために取材で心がけていることは。最後まで読まれる記事にする方法は。クライアントから講師の依頼を受けた医療ライター庄部が講演用に書いた原稿をブログ記事としてアップします。...
地方在住ライターが生き延びるための戦略【元タウン誌記者が提案】地方ライターはどうすれば生き延びる可能性を高められるか。タウン誌と新聞社で7年間、記者として地域を担当したフリーライターがその戦略を語ります。「地域で生きるを楽しむ」「フットワークを生かす」「デジタルツールの活用」が大切です。...

ライター向けツール・サービス

記者ハンドブックとは? 愛用歴13年のライターが使い方解説【写真】ライター必携の校正ツール『記者ハンドブック』の特徴と活用方法について愛用歴13年のライターが写真付きで解説。...
【記者レポ】文章作成支援ツール「文賢」の特徴は?説明会の内容紹介文章作成支援システム「文賢」が果たして使えるかを検証する連載の初回。開発元「ウェブライダー」が開催する説明会に参加し、その模様をレポートしました。...
ライターがフリー向け支援サービス「フリーナンス」に登録した理由フリーナンスを対象にしたお金と保険のサービス「フリーナンス」に登録した理由をライターの庄部が語ります。登録無料で事故の補償を行ってくれるのが特長。...

会社員ライター志望者へ

【内定者談】ライター志望者に勧めたい転職サイト・エージェント「ライターになりたい!」そんな人に知ってほしいのが転職エージェントの活用。利用して内定を得たライターが解説。...

記事内の情報、考え、感情は書いた時点のものです。

記事の更新情報はツイッター(@freemediwriter)でお知らせします。