ライター×お金

【運用実績】S&P500インデックスファンドに半年投資した結果

「資産運用をするならインデックス投資がお勧めと聞いたよ」「中でもS&P500関連の商品が人気らしいけど、実際の運用結果はどうなんだろう?」

今回はこんな興味や疑問がある人に向けて、インデックス投資の代表商品といわれる「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」を購入し、積み立てつつ半年間運用した結果をフリーライターのショウブ(@freemediwriter)が画像付きで紹介します。

新型コロナウイルス感染症のワクチン開発やアメリカ大統領選挙などの影響を受けて世界的に株価が上がっていることが影響しているのでしょう、運用は好調です。

わたしはこの商品に80万円を投資しましたが、今後も積み立てていこうと思います。

フリーが資産運用をする理由

フリーランスこそ資産運用を行った方がいい

経済的に不安定になりやすく、将来もらえる年金が会社員より少ない――2018年度の国民年金の平均支給月額は5万5809円――フリーランスにとって、「お金にお金を増やしてもらう資産運用はタスクの一つ」とわたしは考えています。

  • 世界市場に目を向けて、分散投資をする
  • ギャンブル性の高い短期売買(デイトレード)を行わず、長期的に運用していく

「この2点を抑えておけば安全性の高い資産運用は可能だろう」との見立てから、2019年7月にスタート。

AIが資産運用を行ってくれる「ウェルスナビ」を利用し、ある程度の結果(総入金額110万円、含み益15万8816円、利率14.44%)を残せたことから、今度は自分で金融商品を買おうと思いました。

ウェルスナビを選んだ理由や詳しい運用結果は下の記事に書きました。

【資産運用】ウェルスナビで1年半投資し続けた結果公開【データ付】投資初心者のライターがロボットアドバイザー「ウェルスナビ」で1年間資産運用をした結果と感想を画像付きでレポート。...

インデックスファンドにした理由

金融商品としてインデックスファンドを購入したのは、関連書籍やサイト、動画で情報収集した結果、投資初心者が安全に運用するのに適切と考えたためです。

インデックスファンドは、「どんな個別銘柄がいいだろうか」とわざわざ自分で調べる必要がなく、購入するだけで分散投資を図れる点がメリットです。

わたしは長期投資によって将来的にお金を増やしたいと考えていますが、投資のために時間を費やすのは嫌なので、自分の価値観に合っているだろうと。

インデックスファンドがそもそもどんなものか、インデックスファンドを購入することがなぜ分散投資になるのかといったことは下にまとめて書きましたので、知らない方はそちらをご参考ください。

  • インデックス投資とは
  • インデックスファンドとは
  • 投資信託とは

上のワードの意味を書いています。

「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」を購入した理由

ではなぜ、インデックスファンドの中で「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」なのか。

世界的に優良株が多いアメリカ株で分散投資を図れるうえ、S&P500に競争原理が働くので安定性が見込めるためです。

  • S&P500とは
  • SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドとは

2つのワードの意味も下に書きました。

半年間の資産運用結果

さて、結果を紹介しましょう。

わたしがネット証券「SBI証券」でNISA口座を開設し、SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドを購入したのが2020年10月。

この月は30万円分を購入し、以降は月に10万円ずつ買っていきました=下画像

SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドの運用

半年後の運用結果は?

SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドの運用結果
  • 買付額 80万円
  • 評価金額 91万3782円(2021年3月26日時点)
  • 含み益 11万3782円
  • 利率 14.22%

含み益とは、株式などの時価が、取得した価格を上回っているときの利益です。現金化して利益が確定しているわけではないので「含み」と表現されます。

ライター庄部の感想

良いですね。

わたしは「投資の利回りは3~5%でいい」と考えているので、それからすれば上々の結果です。

かりに利率が落ちたとしても心理的なダメージは少ないので、引き続き積み立てていこうと思います。

資産運用を始めてから1年9カ月が経ちますが、いまのところ「長期的に分散投資を行っていく」考え方でよさそうです。

専門用語の意味を知りたい方は下のワード解説をどうぞ。

わたしもそうでしたが、一つひとつ意味を知っていくと「なるほど!」と理解が深まり、面白いですよ。

インデックス投資とは

投資信託協会によると、「インデックス投資」とはあらかじめ定めた指数(インデックス)の動きに連動することを目指す運用スタイルのことをいいます。

例えば日本の代表的な株価指数としては、東証一部に上場する225社を対象とする「日経平均株価」や、全ての東証一部上場企業を対象にする「TOPIX(東証株価指数)」が挙げられます。

これに絡み、インデックス投資を目的とする投資信託のことを「インデックスファンド」といいます

投資信託とは

辞書サイト「コトバンク」によると、投資信託とは金融商品の一種であり、投資家から集めた資金を専門の機関が運用し、収益を投資家に還元する仕組みをいいます。

投資信託会社が設定した投資信託の商品は、証券会社や銀行などを通して販売されます。

S&P500とは

SMBC日興証券と辞書サイト「コトバンク」によると、「S&P500」はアメリカ株式市場の動向を示す株価指数の一つです。

アメリカの投資情報会社であるスタンダード・アンド・プアーズ社が、NASDAQとニューヨーク証券取引所に上場している企業から代表的な500銘柄の株価を基に算出している株価指数です。

S&P500はニューヨーク市場の時価総額の約75%をカバーしており、市場全体の動きを表す指標として機関投資家などに広く利用されているそうです。

なお、日興アセットマネジメントによると、S&P500の銘柄は企業の時価総額や業績、流動性などさまざまな条件によって決定されているといいます。条件に満たなければ外されるそうです。

なお、エイチ・エス証券によると、2021年3月現在のS&P500上位10銘柄は下の通り。

S&P500上位10銘柄(2021年3月)

  1. アップル
  2. マイクロソフト
  3. アマゾン・ドット・コム
  4. アルファベット(グーグルの持ち株会社)
  5. フェイスブック
  6. テスラ
  7. バークシャー・ハサウェイ
  8. ビザ
  9. JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー
  10. ジョンソン・エンド・ジョンソン

S&P500に投資するのであれば、この指数に連動するよう運用される金融商品、つまりインデックスファンドを購入する必要があります。

SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドとは

「SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド」とは、S&P500に連動するように運用される金融商品です。SBIアセットマネジメントが運用しています。

専門ブロガーなどによると、S&P500関連商品は複数ありますが、その中で最も信託報酬が安い(年率0.0938%)のがこの商品であるそうです。

「信託報酬」とは、投資家が投資信託を行うに当たり、証券会社などに支払う手数料のこと。これは運用実績に関わらず支払わなくてはなりません。

SBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンドは日本ではSBI証券やマネックス証券などで口座を開設すれば買うことができます。

関連記事

【資産運用】ウェルスナビで1年半投資し続けた結果公開【データ付】投資初心者のライターがロボットアドバイザー「ウェルスナビ」で1年間資産運用をした結果と感想を画像付きでレポート。...
【ここまで出すか】取材ライターの原稿料はどれくらい? 相場を公開「ライターってどれくらいの原稿料をもらっているの?」現役フリーライターがその答えをギリギリまで公開。...
40代男性で貯金なしはヤバイ…30代から年100万以上貯める方法20代まで全く貯金をしていなかったライターが自身の体験から賢く貯める方法を解説。なぜ年に100万以上を貯められたのか。...