ライター×サービス・ツール

ライターがフリー向け支援サービス「フリーナンス」に登録した理由

「フリーランスを支援するサービス『フリーナンス』ってどんなもの?」「登録するメリットやフリーランスが登録した理由を知りたい」

今回はこんな疑問や興味がある人に向けて、フリーランス向けに事故の補償や報酬の先払いを行ってくれる「フリーナンス(FREENANCE)」の概要と登録した理由をフリーライターのショウブ(@freemediwriter)が紹介します。

使ってみないと実感はわかないけど、なかなか良さそうなサービスなんじゃないか。

本当にそうだった場合、登録しておかないと事故時の補償が利かない。それなら早くしよう、無料だし

わたしが登録した理由です。

これからメリットを確かめていきます。

フリーナンスとは

簡単にフリーナンスの概要を伝えますね。

フリーナンスは、IT事業を展開するGMOインターネットグループの「GMOクリエイターズネットワーク」が2018年10月に提供を始めたサービスです。

登録は無料で、専用口座を開設(口座の維持は無料)することで、下のサービスを受けることができます。

  • 仕事が関わる事故の金銭的補償(あんしん補償)を行う
  • 請求書を買い取り、代金を最短でその日に振り込む(手数料は3~10%)

あんしん補償の補償額

あんしん補償が適用されるケースと最高補償額は下の通り。

補償が適用されるケース 最高補償額
業務中の事故 5000万円
仕事の結果の事故 同上
受託物の事故 500万円
情報漏えい 同上
著作権侵害 同上
納期遅延 同上
納品物の瑕疵 同上

詳細はフリーナンス・あんしん補償ページ

働けなくなったときの補償サービスも

また、病気やケガで働けなくなったときに、最長1年間の所得補償が受けられる「あんしん補償プラス」というサービスも行っています。

ただし、これを利用するには下の条件があります。

  • 一般社団法人フリーナンスAWS協会に加入(年会費3000円)
  • 保険料を毎月支払う(保険料は受け取りたい額などで変動)

あんしん補償プラスの詳細はフリーナンス・あんしん補償プラスページ

ライター庄部がフリーナンスに登録した理由

わたしが登録した理由は冒頭で語った通りです。

  • 登録が無料
  • 事故はいつ起こるかわからない

この2点ですね。

あんしん補償プラスを利用しない限り経済的な損失がないので、本当に良いサービスだった場合、「登録しておかないともったいない」ことになります。

そして、早めに登録しようと思った理由は2番目です。

事故は、いつ起こるかわかりませんよね。

わたしは2016年に独立して以来、上記のようなトラブルにあったことはありませんが、それは単に「運が良かっただけ」と言えるかもしれません。

もし事故にあい、その内容がフリーナンスの補償対象だった場合、そして補償される金額が大きかった場合、登録しておかないと悔やまれると思ったのです。

「それなら、とりあえず登録だけ早く済ませておこう」と考えました。

本当に良いサービスか検証していきます

2021年6月2日に申し込み、同3日に専用口座が開設され、登録されました。

フリーナンス登録完了画面

メールに記載されていますが、これでフリーナンスの機能が利用できるそうです。

これから確かめたいこと

  • 補償される事故の具体例と実際の補償額
  • 報酬の先払いが機能するか
  • 企業がどう収益を上げているか

この3点を確かめたいですね。

補償される事故の例の一部はホームページに載っていますが、より詳しい情報がPDFにまとまっているようなのでそれを細かくチェックし、必要があれば会社に問い合わせようと思います。

フリーライターの庄部でした。

フリーナンス・ウェブサイト

【追記】なお、フリーナンスは審査が意外と厳格で、わたしは写真の不備によって2度保留になりました。

「2度も審査保留に…」フリーナンス登録の注意点と流れ【画像付き】フリーナンス支援サービス「フリーナンス」の登録の流れと注意点をライターの庄部が画像付きで紹介します。...

登録の流れと注意点を画像付きで紹介しています。

記事内の情報、考え、感情は書いた時点のものです。

記事の更新情報はツイッター(@freemediwriter)でお知らせします。

関連記事

ライターのスキルアップ術

「食えないフリーライター」を回避! 未経験からのステップアップ法どうすれば「食えるフリーライター」になれるのか。その可能性を高めるステップアップ方法を現役フリーライターが解説。...
医療ライターが講演で話したネタ探し法、取材のコツ、記事の書き方独自性や確実性の高いネタを取るにはどうすればいいか。魅力的な情報を引き出すために取材で心がけていることは。最後まで読まれる記事にする方法は。クライアントから講師の依頼を受けた医療ライター庄部が講演用に書いた原稿をブログ記事としてアップします。...
地方在住ライターが生き延びるための戦略【元タウン誌記者が提案】地方ライターはどうすれば生き延びる可能性を高められるか。タウン誌と新聞社で7年間、記者として地域を担当したフリーライターがその戦略を語ります。「地域で生きるを楽しむ」「フットワークを生かす」「デジタルツールの活用」が大切です。...

文章力向上ツール・サービス

記者ハンドブックとは? 愛用歴13年のライターが使い方解説【写真】ライター必携の校正ツール『記者ハンドブック』の特徴と活用方法について愛用歴13年のライターが写真付きで解説。...
【記者レポ】文章作成支援ツール「文賢」の特徴は?説明会の内容紹介文章作成支援システム「文賢」が果たして使えるかを検証する連載の初回。開発元「ウェブライダー」が開催する説明会に参加し、その模様をレポートしました。...

会社員ライター志望者へ

【内定者談】ライター志望者に勧めたい転職サイト・エージェント「ライターになりたい!」そんな人に知ってほしいのが転職エージェントの活用。利用して内定を得たライターが解説。...